【MONO graph】カッコいいだけじゃない。オンオフ問わず使える抜群のシャープペンシル。

シャープペンシル
おすすめグッズ
この記事は約3分で読めます。

シャープペンシル

お気に入りの物が増えるとテンション上がります。

昔から文房具が好きで、新商品をチェックしたり買ったりもしていましたが、最近は心惹かれるものがなく購入する機会は減りました。

 

そして先日、ふらっと寄ったお店でお決まりの文房具チェックをしていたら、たまたま見かけ一目惚れして即購入。

実際に使ってみて、カッコいいだけでなくさらに胸キュンポイントがあったのでご紹介します。

スポンサーリンク

【MONO シャープペンシル 】 の見た目

まずは見てください。このカッコよさ。

シャープペンシル

シャープペンシル

ゴールドが眩しい。

シャープペンシル

ペン先も美しい。

私が購入したカラーは【ゴールド】ですが、他に【シルバー】【ガンメタル】があります。

【MONO シャープペンシル 】 の機能性

説明書

元画像 楽天市場 

MONO消しゴム搭載

このペンなんと「MONO消しゴム」搭載されてました。

シャープペンシル

この上の黒いゴムのところをくるりと回すとニョキッと出てきます。

できるだけ荷物は少なく、消しゴムを持つという概念のない私にとって、コレはすごく嬉しかったポイント。

もちろん替えゴムも別売あります。

振って芯を出す【フレノック機構】

シャープペンシルを振る

慌てて芯を出したいときに、クリップに指をかけなくても振ればすぐ出る便利な機能。

とても便利ですが、この機能を駆使してる人はあまり見たことありません。

あのシャカシャカ音は公共の場ではちょっと考えます。

シャープペンシル

もちろん、普通にクリップをノックすれば芯は出ます。

私は圧倒的にこちら派。

シャカシャカは結構疲れます。

ノックで芯も出せないほど慌てるシーンがないのでたぶん振りません。

 

でも体力次第で、検証のために周りの人が引くほど一心不乱にシャカシャカしたいと思います。

フレノック=振れノックってことか。

振っても芯が出なくなる【フレロック機構】

シャープペンシル

クリップをONの方へ押し上げるとロックがかかります。(カチッと音がするまで)

フレロック機構は、不用意に芯が出ないようにするための機能。

 

例えば、カバンの中などでペンが振れて芯が折れないよう防止するもの。

カバンをぶん回すような元気なお子様には必要な機能です。

 

カバンの中で芯が折れてしまうようなアクティブな性格ではないので、たぶんこれも使いません。

 

でもいつか、白い目で見られるほどカバンをぶん回して検証してみたいと思います。

フレロック=振れロックってことか。

【MONO シャープペンシル 】の評判

シャープペンシル

アマゾンレビュー

AMAZONレビューを見る

レビューの中は、❝ 握り部分がツルツルで滑りやすい ❞ などがありました。

私は、指力も筆圧も強いので全く気になりません。

【MONO シャープペンシル 】を使ってみて

シャープペンシルと手帳と眼鏡

カッコよくて、書きやすくて、消しやすい。

トンボ鉛筆という安心感、高級感、利便性を兼ね備えた大人がオンオフ問わず使えるシャープペンシルだと感じました。

見かけたら一度手にとって是非お試し下さい。

オススメです。

タイトルとURLをコピーしました