【不安疲れ】連日のコロナ報道が引き起こす体への影響|情報から離れることも必要

疲れているおばあちゃん

癒やしの達人すだち2号 (@sudachi2go)です。
日々、セラピストとして癒やしを提供しています。

先日のこと

 
先日こんなことがありました。
 
83歳のおばちゃん。
予約時間よりかなり早くやって来ました。
 
なんか暗い顔して疲れてる。
どうしたの?って聞くと、家から逃げてきたって言うじゃないですか。
 
何事かと思い話を聞くと、テレビ見てるのが辛いって。
連日のコロナウイルス関連のニュースです。
 
誰がどこ触ったとか感染ルートがどうとか、デマや批判とか、見てると気が病みそうって。
 
 
連日情報が更新されて、感染者が増えて亡くなる人もいて。
辛くなる気持ちは分かります。
 
 
話を聞きながら施術を始めました。
 
えっ・・・。
 
硬い・・・硬すぎる。
 
毎週来てくれてるこのおばちゃんの体の違いは私が一番分かります。
 
 
テレビ見てイヤになっただけで、こんなになるのかと。
きっと体に余計な力が入っちゃったんでしょう。
 
 
この仕事してて一番感じるのは、メンタルからくる体への影響の大きさ。
 
病は気からって本当そのとおり。
 
心も体も健康です!って言いきれるほど自信のある人は「私も気をつけなきゃ」で済む話です。
 
でも高齢者、ちょっとナイーブな人は、情報が増えてくたびにマイナスな部分だけが更新されるんです。
 
 
ただでさえ健康に不安がある高齢者は、「こんな症状は要注意」なんてテレビで流れるたびに、当てはまることが多く不安になる。
 
その結果、不安から体調を崩し病院へ。
 
まさに病は気から。
 
 
そんな話の流れで、コロナ特有の症状があれば分かりやすいのにって話してて。
 

すだち2号

例えば、消えたはずの蒙古斑が浮かび出すとか?

おばあちゃん

イヤだぁウフフ

すだち2号

これはどう? 指先からやたら濃い毛が生えてくるとか?

おばあちゃん

もうイヤだぁ ウフフ
 
最後には、「これで私たち濃厚接触者ね」
ウフッってお互い顔を赤くしたとかしなかったりとか。
 
80代と40代の運命共同体的女子トーク。
 
 
 
 
そのおばちゃん、最後に『やっぱりあなたに会いに来て良かった』と言って笑顔で帰っていきました。
 
「あなたに会いに来て良かった」こんなセラピスト日和に尽きる言葉ってあります??
 
 
この一言で私の免疫力爆上がりです。
 
 
 
テレビでは、❝ 感染を予防するに免疫力を上げよう! ❞ とか言ってますが、高齢者が不安疲れで免疫力落ちるんじゃないかと心配です。
 
高齢者やナイーブな人は、一緒にいる誰かが必要な情報だけ教えてあげるとかした方がいいですね。
 
もしくは余計な情報はシャットアウトしたほうがいいかもしれません。
 
自分の身を守るために、ときには情報から離れることも必要だと感じた一日でした。
 
 
すだち2号。
 
〜追記〜
2020/03/27 嗅覚障害がある場合、感染を疑う手掛かりになり得るという発表がありました。